So-net無料ブログ作成

朝学習に"もじ・かず・ちえ"③ちえ(小1の取り組み) [小1の取り組み]


ちえ小1の5冊.jpg

我が家では朝に学習する習慣をつけています。

幼児の頃から、七田式プリントの"もじ・かず・ちえ"を1枚ずつ取り組むことでそうできるようになってきたんだけど、そのシリーズを全て終わらせちゃって、さぁどうしよう。。。

でも、やっぱり、その3つのバランスがとても良かったので、
自分で工夫することにしまして。

"もじ"と"かず"を前回までにご紹介してきました。


今回は"ちえ"です(^-^)


前回まではこちら[左斜め下]
<朝学習に"もじ・かず・ちえ"(小1の取り組み)>
<朝学習に"もじ・かず・ちえ"②かず(小1の取り組み)>


sankaku_garland4.jpg
 

 ”ちえ”


ちえの取り組みっていっても、様々なんですよね~。。

基本的には知識をつけるものなんだけど、七田式プリントでも知識+考える力を養うものが多かったので、
その”考える力”シリーズでチョイスしてま~す。

”考える力”といっても、楽しいものがたくさん♪

色々お薦めがあるんですよ~(●^o^●)


量的にもちょうどよくて、
1ページ1つの問題。というのがほとんどです。

1つ1つじっくりお伝えしたいんだけど、すーごく長くなってしまうので、
詳しいレビューはまた別の機会に書くとして。


では、取り掛かりやすい、難易度低めからご紹介♪


「なぞぺ~」シリーズ

このシリーズ楽しいですよ。♪ たくさん出版されてます。

帯には
「おもしろい!」「難しい!」子供たちの目が輝いています。楽しみながら、考えることが好きな子が育ってます。

と、書かれてますよ。

ちなみに、「なぞぺ~」とは「なぞなぞペーパー」を略したもの ということです。


うちは①~③まで順に取り組みましたが、小1は②まで使いました。

考える力がつく算数脳パズル なぞぺー1 改訂版 《5歳~小3》

考える力がつく算数脳パズル なぞぺー1 改訂版 《5歳~小3》

  • 作者: 高濱 正伸
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 大型本


考える力がつく算数脳パズル なぞぺー2 改訂版 《5歳~小3》

考える力がつく算数脳パズル なぞぺー2 改訂版 《5歳~小3》

  • 作者: 高濱 正伸
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 大型本

なんと!今年の2月に改訂されていた!

我が家が実際に取り組んだのはこちら。

5歳~小学3年 考える力がつく 算数脳パズル なぞぺー(1)







なぞぺ~①、②
対象は5歳~小学3年


こんな感じです。(なぞぺ~①より。)

なぞぺ~1.jpg

なんだか楽しそうでしょ?

この問題は、三人四脚。どの足から歩くと良いかって問いです。

1ページに1つの問題。
図でかかれてるものがほとんどです。


絵(図)が大きく、余白が多いでしょ?
これって、視覚的に取り掛かりやすいですよね。

掴みはOK♪みたいな。(^^)v

ページをめくると答えがあり、別の応用問題があります。

全部で40問。
終えるのに1ヶ月半くらいですかね~。

巻末には大人向けの超難問ウルトラ花まる問題があるの。

やってみませんか?( ̄▽ ̄)

公式サイトはこちら。(一部見れますよ)

慣れてないお子様には「はじめてのなぞぺ~」というのがあるので、
そちらがいいかも。

読み聞かせのような感じでできるらしいよ。

幼児を対象にしているので、字が読めなくてもいいって広告に書かれてました。
公式サイトはこちら。(一部見れます)

考える力がつく算数脳パズル 新はじめてなぞぺー  年中~小学1年

考える力がつく算数脳パズル 新はじめてなぞぺー  年中~小学1年

  • 作者: 高濱 正伸
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: 大型本



年中〜年長 考える力がつく算数脳パズル はじめてなぞぺー

 年中~年長用はこちら。







作者:高濱正伸(たかはま まさのぶ)氏

花まる学習会代表であり、算数オリンピック問題作成委員でもあります。

高濱氏の著書多数。いくつか持ってます(^^)
お世話になっております。


実は次のもそう。

「東大脳ドリル初級」シリーズ 

対象は低学年
サイズは少し小さめ。

こちらは「算数」と「国語」があります。

東大脳ドリル 算数 初級 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

東大脳ドリル 算数 初級 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

  • 作者: 高濱 正伸
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2010/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


東大脳ドリル 国語 初級 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

東大脳ドリル 国語 初級 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

  • 作者: 高濱 正伸
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2010/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



いずれも、1ページ1つの問題という形式で、
全部で40問。

そして、設問の裏は「かべはり問題」で、壁に貼って目で解こう!
ということになってるんです。


ご飯を食べながらでも、何気に見ようね~みたいな。


けど、目だけでは高度なので、うちでは普通に解いてました(;^_^A

そちらも入れると80問になります。

「東大脳ドリルさんすう初級」

東大脳ドリルさんすう初級 [ 高濱正伸 ]楽天



「なぞぺ~」と似てる問題あり。

だけど、こういう簡単な計算で面白い取り組みも♪

東大脳算1.jpg

これは、「答えが5になるマスをぬっていこう!どんな絵が出てくるかな?」

って、問い。

こういうの、七田式プリントによくありましたよ^^






「東大脳ドリルこくご初級」


東大脳ドリル 国語 初級 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)









こちらは知識もつくかも♪


東大脳こくご1.jpg

  ↑  これは、ことばをうまくくっつけて文にしよう。うまくつなげると2つの文になるよ。1つだけ仲間はずれがあるよ、どれかわかるかな?

っていう問題。

こういう、『くっつきことば』は、
実は娘が幼児の時、ワタシ自作で作ってました(^-^)

文を書いてからチョキチョキ切って、パズルのようにやってたんです♪

他に、詩が書かれてて、それをイメージして絵を描いてみよう。
とかあります。

絵を描くって子供は結構好きですよね^^



「きらめき算数脳小学1・2年生」

きらめき算数脳 小学1・2年生 (サピックスブックス)

きらめき算数脳 小学1・2年生 (サピックスブックス)

  • 作者: 進学教室サピックス小学部
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2009/11
  • メディア: 大型本


サピックスの通信教育から生まれた算数脳ドリル。

難易度が★1つ~3つまで。

きらめき1.jpg

これは、点をつないで線を引いて区切る問題。

カラーで一見楽しそうなんですが、レベルが★3つくらいになると、ちょと難しい・・かも。

いちごちゃんはがんばってトライしてましたが。

ちょっと難しいけど、、できたよシールがあるし、算数ワークみたいな感じですね。

さすがサピックス。


イラストとかカラー具合はZ会みたいな感じですかね~。

こちらは結構大判。A4サイズです。

公式サイトはこちら


このサピックスは売っている本屋が少ないかもですね。
(あ、当方田舎だからかな(;^_^A)

取り寄せて購入しました。

と、色々取り組んでますが。

思考力がアップするといいな(*^^*)





[     ま  と  め     ]     



さて。


先日から、朝学習に"もじ・かず・ちえ"(小1の取り組み)を書いてきました。

"早寝早起き朝ごはん朝学習"から入れると4回シリーズになってしまった(;´∀`)


なぜ、朝なのか。は、初回にも触れましたが・・・。


結論からいうと、朝は習慣にしやすいからです。

少なくとも、我が家はそう。

うちは、けして地頭の良い方ではないので、「さぁ!受験勉強です!」という時期に来てから習慣づけるのでは遅いのです。( ̄д ̄)


いわゆる神童タイプの子は放っておいても、勝手にやってグングン伸びるでしょうね。

もしくは後伸びするタイプとか?

でもうちは残念ながらそうじゃないから、凡人は作戦計画でフィールドへ送り出そうと思ってます。


『本来、子供は誰でも学ぶことが好きである。』
と何かの本で読みました。


そうか。本当は勉強が好きになれるのね。でも、「勉強キライっ」って言っちゃう子がいるのは(自分含めて)なぜだろう。

それはやっぱり、学ぶ楽しさをわかってないからかな。


じゃ、どうしたらわかるの?

これまた、学ぶことでしかわからなかったりするんですよね。


じゃ、せめて、勉強するというハードルを低くしておきたいじゃないですか。



そこで。

少しずつでも、楽しく、習慣にしていく。


これを幼児の頃から続けてます。


小さい頃は、プリキュアのシールやおもしろ消しゴムなんかをつかってみたり・・・。
あの手この手で、工夫してきました。

 

幼児・・いえ、少なくとも低学年までは、習慣をつけるのは親の役割だと思ってるので。

子供にしたら知らないうちに、靴を揃えるのが習慣になってた、みたいに。
(あら?ちょっと違うかしら?まぁいいや。)

初めは必ず「靴は揃えて。」って言ってたけど、今じゃ自分からやってますから。



そう。今は自分から朝学習をやってますよ。
起きたら真っ先に机に向かってます。


好きとか嫌いとか関係なく"習慣化"されてます。


もちろん、見張って・・・いや見守ってますよ~(笑)





"もじ・かず・ちえ"のパターンはお薦めですが、いきなり3種類は・・・

という場合は、本人の好きなものからでもいいと思う^^

朝学習は、朝のランニングみたいなものなので、少しずつ。



漢字だけ。でも。
マス計算だけ。でも。
なぞなぞみたいな、おもしろいものだけ、でもいいと思う。




楽しめるといいですねっ(*^▽^*)





---------------------------------------------------


bed_girl_wake.jpg<早寝早起き朝ごはん朝学習のススメ(小1)>



kanjinote4.jpg<朝学習に"もじ・かず・ちえ"(小1の取り組み)>



絵解き4.jpg<朝学習に"もじ・かず・ちえ"②かず(小1の取り組み)>






スポンサードリンク



nice!(57)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 57

コメント 6

naonao

楽しく学びながら、考える力がつくのは
いいですね(^◇^)
青空ランキングは、全国的に晴れ予報の
時のみの企画なんです。
空の青さの全国ランキングは
面白いです。
by naonao (2017-03-17 13:14) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
永平寺は素敵でした、再訪したいです。

今日4歳の孫が栃木からやって来るんですが、
我娘が孫を学習面で指導できるか甚だ不安っていうか
無理だろうなぁ(-_-;ウーン
勿論、爺さんは口出しはしません。
by johncomeback (2017-03-17 15:42) 

追いかけっ子

やはり遊びの中に学びを取り入れるスタイルが基本なんですね。
まずはそっくり真似てみて、
そして出来れば応用して自分で作ってみたいですね♪
やはりどうしても親も勉強しなければなりませんね(^^;
by 追いかけっ子 (2017-03-17 19:12) 

Rinko

何でも楽しんで学べることが一番だと思います^^
by Rinko (2017-03-22 10:03) 

みかん

>naonaoさん、
>johncomebackさん、
コメントありがとうございます。
楽しく学ぶのが一番ですよね♪
by みかん (2017-03-25 01:39) 

みかん

> 追いかけっ子さん、
>Rinkoさん、
コメントありがとうございます。
どうやったら楽しく学習できるか、そればっかり考えてます。
楽しかったら絶対に伸びますからね(^^)v

by みかん (2017-03-25 01:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。